キャッシングの審査とはどのようなものか

キャッシングは、消費者金融による個人への小口融資が多いです。もちろん、個人事業主や法人が借り入れるケースもありますが、主要な顧客は個人が多いです。

少し前までは、消費者金融のキャッシュディスペンサーや銀行のATMからカードを利用して現金を引き出すカードローン形式のものがほとんどでした。しかし、最近では電話・インターネットで申込みを受け付け、指定の口座に必要な金額を振り込むタイプなど、さまざまなサービスが見られます。

キャッシングは銀行ローンと違って使い道は自由度がありますが、銀行ローンよりも金利が高いことが特徴です。キャッシングで主流の方法は即日融資という性格上、申請から融資に至るまでの対応も迅速です。ほとんどのケースにおいて、キャッシングには保証人や担保は必要ありません。また、返済は店舗のATMはもちろん、コンビニエンスストアからも行うことができるため、利便性も高いです。

そして、キャッシングの審査というのは実際のところ誰でも受けることができるというのが最大の特徴です。18歳または20歳以上で定職を持つ人であれば誰でも審査対象です。定職とは正社員という意味ではなく、アルバイト、派遣社員、自営業なども含まれます。さらに、主婦であっても夫が定職を持ってさえいれば審査対象になります。

このように、いろいろな形態で仕事をしている人を広く審査対象にしています。とはいえ、審査結果次第ではキャッシングを利用できないケースもありますので注意が必要です。

当サイトではキャッシングの審査を通過するための流れや、判断基準についてご紹介します。

※カードローン形式のものについてはこちら>>カードローン